丸正観光バスは、京都府亀岡市を拠点に旅行やサークル・部活動、空港や病院、ゴルフや通勤の送迎、市内観光を中型バスやサロンバス、マイクロバスとお客様のニーズに合った貸切バスをご提供します。

お気軽にお電話ください

受付:月~金 9時~17時

tel:0771-25-1707

安全への取り組み

Safety Initiatives

安全への取り組み

丸正産業株式会社は、輸送の安全確保のため安全最優先・法令遵守・継続的改善を、社長はじめ担当役員・全従業員が一丸となって取り組んでいます。

平成30年度安全方針

関係法令を遵守!安心・安全な輸送が使命であることを自覚した履行!

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針を設定し、社内に周知する。
    1. ① 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割をはたしてまいります。また、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させてまいります。
    2. ② 輸送の安全性の向上に向けた取り組みを求めるとともに、安全最優先の方針の下、経営トップから現場まで一丸となった安全管理体制の適切な構築を図ります。
    3. ③ 安全最優先の下において当社はリスクマネジメントが最重要課題として考え、リスクマネジマントを円滑に行う為、PDCAサイクル(Plan(計画)・Do(実行)・Check(確認)・Action(行動)の4つで構成)予測しうる危機的な事態を回避、あるいはそのことによる被害をとどめるための活動を行います。
  2. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

  1. 平成29年度目標及び達成状況
    1. 目標① 有責人身事故 0件(目標達成)
    2. 目標② 車内事故(人身) 0件(目標達成)
    3. 目標③ 車両事故(対クルマ、対静止物) 0件(目標達成)
    4. 目標④ 健康起因による事故 0件(目標達成)
    5. 目標⑤ もらい事故 0件(目標達成)

    ○平成28年8月開業以来、「0目標」を達成し、継続中です。今後も安心安全を最優先し、0目標達成に邁進いたします。

  2. 平成30年度目標

    「有責人身事故」、「車内人身事故」、「車両事故(対クルマ、対静止物)」各0件目標。及び「健康起因による事故、ゼロ」を目標。

  3. 「ナビゲーション」、及び「ドライブレコーダー」全車搭載目標

    それぞれ全車搭載いたしました。

輸送の安全のために講じた措置

平成29年運転者安全教育指導実施計画

当社所属運転者全員に対し、安全教育指導実施計画通り講習を完全実施いたしました。

平成29年運転者安全教育指導実施計画

輸送の安全のために講じる措置

  1. 運転者指導教育

    初任運転者

    • 〇 大型バス運転経験者→他社での経験があっても技量を見極め、実技(運転)指導教育期間を設定いたします。「実技20時間以上、座学20時間(机上以外含む。)」以上。
    • 〇 大型バス運転未経験者→実技(運転)技量を見極め、実技(運転)指導教育期間及び実車教育期間を個々技量により設定いたします。最低「実技100時間以上、座学40時間(机上以外含む)」以上。
    • 〇 既存運転者(新入運転者含む)全員
      平成30年度・運転者安全教育実施計画に基づいて指導教育を行いますとともに、その他の必要事項につきましても適時適切に指導教育をいたします。

     

    平成30年度・運転者安全教育指導実施計画

    平成30年度・運転者安全教育指導実施計画

     

  2. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、安全管理規程に定められた事項及び関係法令等を遵守いたします。
  3. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  4. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
  5. SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策の推進

    全運転者を対象に毎年SASスクリーニング検査を実施し、要精密検査判定者には確実に受診させます。また要治療判定者には毎月治療状況調査及びフォロー面談を行い、改善状況を把握します。
    ※平成29年度予定のSASスクリーニング検査を受け、全員異常ありませんでした。

  6. 運転の技量向上のために、ドライブレコーダーの映像を乗務員指導教育に活用します。

安全統括管理者に係る情報

安全統括管理者    髙﨑 功

行政処分

平成28年度 文書警告

平成29年度 なし

日常点検基準・点検の実施方法

  • 日常点検風景1
  • 日常点検風景2

入社時新入講習

安全な運転を心掛け、運転者への指導を徹底的に行っております。

・運転者(初任運転者)等への指導において、20時間以上の実技訓練が義務付けられ、実技訓練以外の指導(座学)時間の延長(6時間→10時間)等が行われることとなります。

・運転者に直近1年間に乗務していなかった車種区分(大型・中型等)の貸切バスを運転させる場合に、初任運転者等と同様の実技訓練を義務付けられることとなります。

・一般的な指導・監督の内容として、安全性の向上を図るための装置(ASV装置)を備える貸切バスの適切な運転方法等が追加されることとなります。

・ドライブレコーダーの装着及びこれによる映像の記録や当該記録を活用した指導・監督が義務付けられることとなります。

目的

  1. 事業用自動車の安全な運転に関する基本的事項を理解させる。
  2. 事業用自動車の構造上の特性と日常点検の方法を理解させる。
  3. 交通事故を防止するために留意すべき事項を指導する。
  4. 危険の予測及び回避を指導する。
  5. 安全運転の実技を指導する。
  6. 運転者の運転経験を車種ごとに確認し、運転経験が十分でない場合は実技訓練を実施する。
  • 新人研修風景1
  • 新人研修風景2
1日目
時間 区分 / 項目 / 内容
09:00~12:00 座学 バス事業の現状
バス輸送の安全の確保に関係する法令と基本的事項。
運転者としての基本的な心構え。
交通事故事例の分析にもとづく、再発防止対策。
交通事故にかかわる運転者の生理的要因および心理的要因と、その対処方法。
12:00~13:00 昼 食 / 休 憩
13:00~14:00 座学 日常点検
日常点検項目の確認。
接遇マナーの基本を身につける。
接遇マナーの大切さを理解する。
14:00~17:00 空車教習 安全運転姿勢・基本走行・安全な運転方法。
車高・視野・死角・外輪差とバスの構造上の特性を把握することの必要性を理解する。
2日目
時間 区分 / 項目 / 内容
09:00~11:00 座学 交通事故を防止するために留意すべき事項。
危険予測の必要性と危険回避
11:00~12:00 座学 各車両での、日常点検項目の確認。(タコグラフの装着方法)
12:00~13:00 昼 食 / 休 憩
13:00~17:00 空車教習 速度差による停止距離の違いと停止するまでの反応時間を理解する。
危険予測に伴う安全運転行動をとるための認知・判断・構え行動の必要性を理解する。
後方の安全
濡れた路面や滑る路面での、ロックブレーキとABSブレーキ等の差異を理解する。
高速道路における、スピード感覚と安全な運転方法。
3日目
時間 区分 / 項目 / 内容
09:00~12:00 空車教習 主要幹線道路、安全運転姿勢・基本走行・安全な運転方法。
12:00~13:00 昼 食 / 休 憩
13:00~17:00 空車教習 主要幹線道路、安全運転姿勢・基本走行・安全な運転方法。

健康管理のための取り組み

定期健康診断の実施
自社健康保険組合による年2回の定期健康診断の受診のほか、健康指導を実施しています。

アルコールチェックの厳格な運用と管理
出庫時、帰庫時は必ずアルコール検知器を活用し厳格に運行の可否を決定しています。
宿泊をともなう場合でも、モバイルアルコールチェッカーシステムを利用し、数値・写真データを管理者が確認でき、適切な運行ができる万全な体制を整えています。

血圧測定
出勤時に必要な運転士の血圧を測定して記録を残し、健康状態を把握します。
また、健康管理チェックシートで運行管理者に体調を報告します。

眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施
当社ではドライバーを対象に睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査を実施しています。

バスのご紹介

おすすめご利用方法

団体旅行

保津川下り

遠征

保育園・幼稚園

小学校・中学校

高校

大学

会社・企業・行政関係

空港・ホテル・病院・旅館・ゴルフ場

地域活動

結婚式の送迎

法事などの送迎

pagetop

0771-25-1707に電話する

pagetop