丸正観光バスは、京都府亀岡市を拠点に旅行やサークル・部活動、空港や病院、ゴルフや通勤の送迎、市内観光を中型バスやサロンバス、マイクロバスとお客様のニーズに合った貸切バスをご提供します。

お気軽にお電話ください

受付:月~金 9時~17時

tel:0771-25-1707

安全への取り組み

Safety Initiatives

安全への取り組み

丸正産業株式会社は、輸送の安全確保が絶対的使命であり、因って安全最優先・法令遵守・継続的改善を、社長以下全役員及び全従業員が一丸となって取り組んでいます。

令和2年度安全方針

『安全最優先 ・ 法令遵守 ・ ゆとりと車間距離』

輸送の安全に関する基本的な方針

輸送の安全は、運輸事業者の最も基本的なサービスであります。 このため、社長は、自らが輸送の安全の最高責任者として、以下のとおり、安全管理の体制を整え、取組計画を作成するとともに、全社員を指揮・指導して、その役割を果たします。

  1. 事業者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割をはたしてまいります。
  2. 輸送の安全に関する基本的な考え方(安全第一、法令遵守等)を記載した安全方針を作成し、全社員に周知徹底します。
  3. 安全方針に基づき、達成しようとする成果を成し得る安全目標を設定し、目標を達成するための取組計画を決め、安全輸送に努めます。
  4. 輸送の安全に関する情報等が適時、適切に伝わるよう、事業者自らがコミュニケーションスキルを高めて全社員との円満な人間関係を築き、その上で、一丸となって安全輸送業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。
  5. 毎年度末、安全管理についてマネジメント・レビュー(振り返って見る)し、その結果に基づき、1年毎に現行の安全方針について、変更の必要性の有無を検証し、変更が必要と判断したならば、変更した安全方針を公表いたします。
  6. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

  1. 平成31年(令和元年)度目標及び達成状況

    目標① 有責人身事故 0件(目標達成)


    目標② 車内事故(人身) 0件(目標達成)


    目標③ 車両事故(対クルマ、対静止物) 0件(目標達成)


    目標④ 健康起因による事故 0件(目標達成)


  2. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する報告

    元年度に自動車事故報告規則により報告した事故件数 0件

  3. 令和2年度目標

    「有責人身事故」、「車内人身事故」、「車両事故(対クルマ、対静止物)」各0件目標。
    及び「健康起因による事故、ゼロ」を目標。

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

  1. PDCAサイクルを基本とした安全管理、ヒヤリ・ハットの情報収集、タコグラフによる安全速度の検証を行い、ドライブレコーダーを運転士教育に活用


     
  2. 初任診断・一般診断・適齢診断の実施と、診断結果を基に教育・指導


  3. 定期的な健康診断の受診と結果に基づいた健康管理指導


  4. 乗務員年間教育計画を作成し、計画に基づいた教育・指導の実施


  5. 点呼時における健康状態の確認徹底


輸送の安全のために講じた措置

安全方針に基づき、社員一体となった安全マネジメント体制の構築を目的とし、PDCAサイクルによるタコグラフによる安全速度の検証、ヒヤリ・ハット情報の検証(輸送の安全確保 に関する方針の策定⇒各種施策の実施⇒実施結果の検証⇒検証結果に基づいた業務改善)を適切に実行しました。


第37回交通マナーを高める事故防止コンクールにおいて奨励賞をいただきました。

第37回交通マナーを高める事故防止コンクールにおいて奨励賞


また、一つ星申請前の経営者トップの評価報告において高評価をいただきました。


一つ星申請前の経営者トップの評価報告において高評価

輸送の安全に係る内部監査の結果

4月より6ヶ月間検証を行い12月に内部監査を実施。ドライブレコーダー検証を同時に行い乗務員に当時の状況を聞き入れ、是正 措置・予防措置が必要な内容を率直に指摘し、トップと社員とのコミュニケーションを図り、一層の安全マネジメント体制を図りました。

PDCA


輸送の安全のために講じる措置

安全統括管理者が自ら又は安全統括管理者が指名する者を実施責任者として、安全マネジメントの実施状況を点検するため、令和2年度も引続きヒヤリ・ハットの情報収集、タコグラフによる安全速度の検証を行い、少なくとも毎年1回以上、適切な時期を定めて輸送の安全に関する内部監査を実施します。

安全統括管理者に係る情報

安全統括管理者    阿井 正雄

日常点検基準・点検の実施方法

  • 日常点検風景1
  • 日常点検風景2

入社時新入講習

安全な運転を心掛け、運転者への指導を徹底的に行っております。

・運転者(初任運転者)等への指導において、20時間以上の実技訓練が義務付けられ、実技訓練以外の指導(座学)時間の延長(6時間→10時間)等が行われることとなります。

・運転者に直近1年間に乗務していなかった車種区分(大型・中型等)の貸切バスを運転させる場合に、初任運転者等と同様の実技訓練を義務付けられることとなります。

・一般的な指導・監督の内容として、安全性の向上を図るための装置(ASV装置)を備える貸切バスの適切な運転方法等が追加されることとなります。

・ドライブレコーダーの装着及びこれによる映像の記録や当該記録を活用した指導・監督が義務付けられることとなります。

目的

  1. 事業用自動車の安全な運転に関する基本的事項を理解させる。
  2. 事業用自動車の構造上の特性と日常点検の方法を理解させる。
  3. 交通事故を防止するために留意すべき事項を指導する。
  4. 危険の予測及び回避を指導する。
  5. 安全運転の実技を指導する。
  6. 運転者の運転経験を車種ごとに確認し、運転経験が十分でない場合は実技訓練を実施する。
  • 新人研修風景1
  • 新人研修風景2
1日目
時間 区分 / 項目 / 内容
09:00~12:00 座学 バス事業の現状
バス輸送の安全の確保に関係する法令と基本的事項。
運転者としての基本的な心構え。
交通事故事例の分析にもとづく、再発防止対策。
交通事故にかかわる運転者の生理的要因および心理的要因と、その対処方法。
12:00~13:00 昼 食 / 休 憩
13:00~14:00 座学 日常点検
日常点検項目の確認。
接遇マナーの基本を身につける。
接遇マナーの大切さを理解する。
14:00~17:00 空車教習 安全運転姿勢・基本走行・安全な運転方法。
車高・視野・死角・外輪差とバスの構造上の特性を把握することの必要性を理解する。
2日目
時間 区分 / 項目 / 内容
09:00~11:00 座学 交通事故を防止するために留意すべき事項。
危険予測の必要性と危険回避
11:00~12:00 座学 各車両での、日常点検項目の確認。(タコグラフの装着方法)
12:00~13:00 昼 食 / 休 憩
13:00~17:00 空車教習 速度差による停止距離の違いと停止するまでの反応時間を理解する。
危険予測に伴う安全運転行動をとるための認知・判断・構え行動の必要性を理解する。
後方の安全
濡れた路面や滑る路面での、ロックブレーキとABSブレーキ等の差異を理解する。
高速道路における、スピード感覚と安全な運転方法。
3日目
時間 区分 / 項目 / 内容
09:00~12:00 空車教習 主要幹線道路、安全運転姿勢・基本走行・安全な運転方法。
12:00~13:00 昼 食 / 休 憩
13:00~17:00 空車教習 主要幹線道路、安全運転姿勢・基本走行・安全な運転方法。

健康管理のための取り組み

定期健康診断の実施
自社健康保険組合による定期健康診断の受診のほか、健康指導を実施しています。

アルコールチェックの厳格な運用と管理
出庫時、帰庫時は必ずアルコール検知器を活用し厳格に運行の可否を決定しています。
宿泊をともなう場合でも、乗務員が持参するアルコールチェッカーで宿泊先のフロントへアルコールチェックを依頼し、適切な運行ができる万全な体制を整えています。

血圧測定
出勤時に必要な運転士の血圧を測定して記録を残し、健康状態を把握します。
また、健康管理チェックシートで運行管理者に体調を報告します。

バスのご紹介

おすすめご利用方法

団体旅行

保津川下り

遠征

保育園・幼稚園

小学校・中学校

高校

大学

会社・企業・行政関係

空港・ホテル・病院・旅館・ゴルフ場

地域活動

結婚式の送迎

法事などの送迎

pagetop

0771-25-1707に電話する

pagetop